2018年03月29日

取り返しのつかない旅

「旅には取り返しのつかない旅がある」
この言葉を聞いた時、どんなとんでもない失敗が関わった旅のことを指すのだろうと思いました。「取り返しのつかない」は失ったものを取り戻すことが不可能で、どうにもならない状態に陥っている、そんなマイナスな想像をさせる言葉です。

ところが、全く違った意味合いをもつ表現だったのです。

「取り返しのつかない旅」は作家の沢木耕太郎さんが講演会の中で話された言葉です。
沢木さんによれば、これはある文化人類学者の言葉で、自分を根本から変えられる深い爪あとを残すような旅。
「取り返しのつかない」を肯定的に捉えて、自分にとって二度と起きないような旅、そんな大きな意味を持つ旅のことを指すのだそうです。



これまでの旅を振り返ってみると、若い頃にした旅のほうが記憶や印象が鮮明です。それは初めて見る景色、初めて食べる食材や料理、初めての土地の香りや空気感などなど、初体験が大きく影響しているのでしょう。

沢木さんは、未経験は負の財産だが、旅をする人にとっては大きな財産。経験していないから様々なことに驚いたり感動できたりすると話していました。

となると、旅の経験を積み重ねていけばいくほど新鮮味が失われて、取り返しのつかない大きな旅はもう二度と経験出来ないように思ってしまいます。



でも沢木さんにとって岩手県北上市にある詩歌文学館でのひと時は、その経験や記憶が時間をきらめかせてくれるようなものだったそうです。

若い頃に出会いお世話になった企業経営者の方、詩歌文学館でかつて名誉館長を務めていた作家の井上靖さん、井上さんのお宅に伺った際におっしゃった奥様の言葉、訪れた日に降った北上の初雪、そしてその庭に舞う美しい雪の中飛来したアオサギの姿・・・。

これまでの様々な経験や記憶の幾つかがその場で偶然に重なり合い生み出されたような、そんなきらめくような時間だったそうです。



経験値が高くなると自分を根底からゆるがすような大きな旅は出来ないかもしれないけれど、自分が大切にした記憶や経験を、ある時間、空間で繰り出すことで意味のあるものに出来る。それは小さな旅ではありますが、経験や記憶が大きな財産となって自分の時間をきらめかせてくれる、そんな北上での旅について伺うことが出来ました。


これは経験があればこその旅であり、自分だけしか感じることの出来ない旅。
そんな心を輝かせてくれるような旅や経験が出来たらと思いました。
その為には、日々の小さなことを大切に、そしてその瞬間がやって来た時に気付けるような感性を持ち続けられる自分でいなければ、と思った印象深いお話でした。






posted by ヒロリン at 09:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

[ 「雪国」のヒロイン

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」
川端康成『雪国』より

誰もが知っているこの有名な書き出しで始まる『雪国』の舞台を訪ねてきました。

この作品は川端康成が昭和9年から12年にかけて越後湯沢の小高い丘に建つ高半という宿に滞在し執筆したそうです。館内にはその当時の様子がしのばれる「かすみの間」や、作家ゆかりの品々を集めた展示室があり、『雪国』の世界に思いをはせることが出来ました。


特に印象に残ったのが、新潟を訪ねた西洋舞踊研究家の島村と心を通わせるヒロイン駒子についての資料です。
凛とした雰囲気を漂わせた美しい女性、その方が川端康成の滞在していた当時、湯沢で温泉芸者をしていた小高キクさん。駒子のモデルになった方で「松栄(まつえ)」という名でお座敷に出ていたそうです。

キクさんは大正4年、新潟県生まれ。昭和3年に芸者となり、昭和9年の夏に湯沢で川端と出会いました。

昭和15年に芸者をやめ、その2年後に結婚なさったそうです。

川端とのことをあまり語ることは無かったそうですが、夫の久雄氏は「私には全部話してくれました。小説とはいえ、あれは殆ど実際の話」と話していたそうです。


小説を読んだ時、しっかり者で少し気性が激しい女性という印象を受けましたが、今回の旅で資料を読み、宿の方のお話を伺っているうちに、芯の強い情熱的な方だったのでは?とイメージが変化しました。

作品発表後、自分が小説のモデルになっていると周りから聞かされた時、相当癪に障ったようで、川端は詫び状と第一回の生原稿を送りましたが、それらは芸者をやめる時に、付けていた日記と共に全部焼き捨ててしまったとか。

潔癖なお人柄が感じられるエピソードですね。

少し気性が激しいように感じたのは、駒子の話し方によるものが大きいのかと思っていましたが、その謎は宿の先代の弟さん 高橋有恒さんが書かれた 「雪国」のモデル考 で解けました。

松栄が話していた越後弁について
「言葉の中に「はい」「いいえ」にかわる応答がなく、直接云わんとする所が出てしまうのである。この直接的な会話は、小説の中では無駄がなく美しいが、映画や舞台に役者たちが演じるときは、実に激しい語勢となり、駒子がきつい印象になってくるのである。」

それに、駒子は島村を「あんた」と呼んでいますが、実際に声に出してみると、とても強い音できつく聞こえます。この言い方も当時は当たり前に話されていたのかもしれませんが、現在はあまり使われていないように感じます。

高橋さんによれば、「雪国」の全篇を通じて、島村と駒子との会話は、松栄とのイキイキとした会話をそのままとり入れていたようです。


新しい生活を始める時には、それまでのことを全て清算し臨んでいたキクさんは、川端康成について多くを語らず、川端との対談の企画など全て断っていたそうです。
が、川端が亡くなる直前、この時だけは承知したそうです。結局実現しませんでしたが、もし、二人が会っていたらどんな話をしたのでしょうか?聞いてみたいような、二人だけの秘密にしておいてもらいたいような、そんな気分で越後湯沢を後にしました。

物語の世界のヒロインが、今回の旅で急にリアリティを持って感じられるようになりました。
またあらためて読み返したら、きっと何か新しい印象や発見に出合えるような気がします。








posted by ヒロリン at 16:39| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

カルトナージュ

子どものころからなぜか箱に惹かれるところがあり、美しい模様や可愛らしい絵柄の物はもちろん、中に入れるものが無くてもそばに置いておきたくなるのが不思議でした。


そんな気持ちは、私だけでは無かった!と気付かせてくれたのが文豪 幸田露伴を父に持つ幸田文さんの「箱」という随筆。

  『男の人はてんで箱なんかのことで気を動かされることはないようだが、
  女はどういうものか箱というと、え?とふりかえる傾きがある。(中略)

  女は小さな子供でも箱に反応を示す。チョコレートやビスケットの箱は、
  きれいな彩色や絵がついているが、それをほしがるのである。そして
  予約する智慧をもっているから驚く。「それ、からっぽになったら、
  あたしに頂戴ね」と言う。外側の箱もほしいが、箱におとらず中身も
  ちゃんと尊重しているから、中身の存在しているうちは、最高権威を持つ
  母に保管をゆだねておくのが至当だと了解しているのだろう。』
  (新潮文庫 『雀の手帖』より)



初めて読んだ時には、自分の事が書かれているような気になるほどでしたが、幸田さんによれば、女性は概ね年齢に関係なくきれいな箱に心惹かれるようです。
自分の部屋を見まわしてみてもきれいなお菓子の箱や缶だけでなく、空き箱に好みの和紙を貼って作った物もあれば(未だ中身は入っていません)、わざわざ一目ぼれで購入した緑の花柄の和紙が貼られた文箱もあり、実用的なものからそうでないものまで様々。


箱を愛しているのは日本女性だけかと言えば、そうでもないようで、フランスの女性達も美しい箱を楽しんで生活に取り入れてきたようです。


先日 Atelier Baby−BreathのRico先生のカルトナージュ教室に参加しました。カルトナージュは、フランスの伝統工芸。18世紀頃、南仏で蚕を入れ輸送するための箱として考えだされたのが最初と言われているそうです。
現在は、カルトンというフランス製の厚紙(普通のボール紙と違って湿気に強い)をカットしたパーツにフランスの布などを貼り、組み立て、小物入れなど様々なものを作っています。


私は初心者向けの小物入れを作りましたが、部屋には落ち着いたピンクの薔薇の生地を貼ったティッシュボックスがあり、それを見るたびに優雅な気分になります。

毎日見るもの、触れるものから心も影響を受けているはずですから、やはり身の回りに自分好みの美しい小物を置いて使うことは、日々穏やかな気持ちで過ごすコツの一つかもしれません。

そんなところから、女の子から大人の女性達まで、洋の東西を問わず箱に惹かれてしまうのかもしれません・・・。

眺めて楽しむのも良いですが、ぴったり合うものを納めて箱を使いこなせるようになったら、もっと心豊かに過ごせそうな気がします。










posted by ヒロリン at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。