2017年03月16日

Your day will change the world

3月11日の朝、キッチンでホトトギスの鳴き声を聞きました。
春を運んでくれる澄んだ鳴き声、きっとご近所の庭に来ていたのでしょう。
まだまだ寒いと思っていたけれど、季節は巡っています。

その日は東日本大震災から6年。テレビや新聞などでは特集が組まれ、当時の映像、画像が大量に流されていました。映像のチカラは大きいものですね。あっという間に引き戻され、当時感じた様々な気持ちを思い出しながら過ごしていました。
テレビの中の誰かが、「あの時は人との絆を感じていた。これを忘れてはいけない」と話していました。

見ず知らずの方とも声をかけあい、支え合い、感謝の気持ちが溢れていました。
一人ひとりのチカラ、マンパワーの力強さも、感じることが出来ました。

あれから6年、まだまだ復興道半ばの地域もありますが、有難いことにほぼ日常が戻ってくると、いつの間にか何でも当たり前になってきてしまいます・・・。



昨年末に出合った絵本『あなたの一日が世界を変える 今日が輝く「10の問いかけ」』
この本に書かれているのは、児童文学作家のくすのきしげのりさんが、20代の小学校教員だったころから考え、機会あるごとに伝えてきたメッセージだそうです。


くすのきさんはある時、突然の病に倒れ、闘病生活の中で、悲しんだり恐れたりすることは生きているからこそできるということ、そして周りの方々から愛され支えられ、生かされている自分という大切なことに気付いたそうです。

そんな自分が、家族や社会さらには世界のためにできることは、何か?を考えた時に、私たち一人ひとりの一日が世界を変えるということ、今日という日をたいせつに過ごすことや、素直な心でよりよく生きること、そして人生の意味をあらためて自分自身に問いかけたそうです。


今日が輝く10の問いかけには
・あなたは、今、笑顔ですか?
・あなたにとって、たいせつな人はだれですか?
・あなたが、たいせつな人のためにできることは何ですか?
・あなたが、他の人や社会のためにできることは何ですか?
・あなたは、どんな人になりたいのですか?

などがあります。


一日笑顔でいるだけでも、周りの人達の気持ちを柔らかくし、笑顔の人を増やすことが出来、ちょっとしたイライラなどを笑い飛ばすことが出来る、そんな効果があるように思います。
笑顔を向けられた人は笑顔で返してくれますし、何より自分自身も温かく穏やかで、楽しい気持ちになっていきます。

絵を担当している古山拓さんの優しいトーンの絵も、眺めているだけでほんわかした気分にさせてくれます。

この絵本は世界で一番貧しい大統領として知られている、ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領も推薦されていて、日本語でも英語でも読むことが出来ます。

『Your day will change the world あなたの一日が世界を変える 今日が輝く「10の問いかけ」』(PHP研究所)



今日が輝く「10の問いかけ」は、毎日、自分自身に問いかけたほうが良いのでしょうが、
絵本は、3月11日、記念日、誕生日、クリスマス、新年などなど、自分と大切な方々、平和な世界を思いながら過ごしたい時にぴったりの一冊だと思います。











posted by ヒロリン at 10:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。