2017年07月19日

カルトナージュ

子どものころからなぜか箱に惹かれるところがあり、美しい模様や可愛らしい絵柄の物はもちろん、中に入れるものが無くてもそばに置いておきたくなるのが不思議でした。


そんな気持ちは、私だけでは無かった!と気付かせてくれたのが文豪 幸田露伴を父に持つ幸田文さんの「箱」という随筆。

  『男の人はてんで箱なんかのことで気を動かされることはないようだが、
  女はどういうものか箱というと、え?とふりかえる傾きがある。(中略)

  女は小さな子供でも箱に反応を示す。チョコレートやビスケットの箱は、
  きれいな彩色や絵がついているが、それをほしがるのである。そして
  予約する智慧をもっているから驚く。「それ、からっぽになったら、
  あたしに頂戴ね」と言う。外側の箱もほしいが、箱におとらず中身も
  ちゃんと尊重しているから、中身の存在しているうちは、最高権威を持つ
  母に保管をゆだねておくのが至当だと了解しているのだろう。』
  (新潮文庫 『雀の手帖』より)



初めて読んだ時には、自分の事が書かれているような気になるほどでしたが、幸田さんによれば、女性は概ね年齢に関係なくきれいな箱に心惹かれるようです。
自分の部屋を見まわしてみてもきれいなお菓子の箱や缶だけでなく、空き箱に好みの和紙を貼って作った物もあれば(未だ中身は入っていません)、わざわざ一目ぼれで購入した緑の花柄の和紙が貼られた文箱もあり、実用的なものからそうでないものまで様々。


箱を愛しているのは日本女性だけかと言えば、そうでもないようで、フランスの女性達も美しい箱を楽しんで生活に取り入れてきたようです。


先日 Atelier Baby−BreathのRico先生のカルトナージュ教室に参加しました。カルトナージュは、フランスの伝統工芸。18世紀頃、南仏で蚕を入れ輸送するための箱として考えだされたのが最初と言われているそうです。
現在は、カルトンというフランス製の厚紙(普通のボール紙と違って湿気に強い)をカットしたパーツにフランスの布などを貼り、組み立て、小物入れなど様々なものを作っています。


私は初心者向けの小物入れを作りましたが、部屋には落ち着いたピンクの薔薇の生地を貼ったティッシュボックスがあり、それを見るたびに優雅な気分になります。

毎日見るもの、触れるものから心も影響を受けているはずですから、やはり身の回りに自分好みの美しい小物を置いて使うことは、日々穏やかな気持ちで過ごすコツの一つかもしれません。

そんなところから、女の子から大人の女性達まで、洋の東西を問わず箱に惹かれてしまうのかもしれません・・・。

眺めて楽しむのも良いですが、ぴったり合うものを納めて箱を使いこなせるようになったら、もっと心豊かに過ごせそうな気がします。












posted by ヒロリン at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。