2018年03月29日

取り返しのつかない旅

「旅には取り返しのつかない旅がある」
この言葉を聞いた時、どんなとんでもない失敗が関わった旅のことを指すのだろうと思いました。「取り返しのつかない」は失ったものを取り戻すことが不可能で、どうにもならない状態に陥っている、そんなマイナスな想像をさせる言葉です。

ところが、全く違った意味合いをもつ表現だったのです。

「取り返しのつかない旅」は作家の沢木耕太郎さんが講演会の中で話された言葉です。
沢木さんによれば、これはある文化人類学者の言葉で、自分を根本から変えられる深い爪あとを残すような旅。
「取り返しのつかない」を肯定的に捉えて、自分にとって二度と起きないような旅、そんな大きな意味を持つ旅のことを指すのだそうです。



これまでの旅を振り返ってみると、若い頃にした旅のほうが記憶や印象が鮮明です。それは初めて見る景色、初めて食べる食材や料理、初めての土地の香りや空気感などなど、初体験が大きく影響しているのでしょう。

沢木さんは、未経験は負の財産だが、旅をする人にとっては大きな財産。経験していないから様々なことに驚いたり感動できたりすると話していました。

となると、旅の経験を積み重ねていけばいくほど新鮮味が失われて、取り返しのつかない大きな旅はもう二度と経験出来ないように思ってしまいます。



でも沢木さんにとって岩手県北上市にある詩歌文学館でのひと時は、その経験や記憶が時間をきらめかせてくれるようなものだったそうです。

若い頃に出会いお世話になった企業経営者の方、詩歌文学館でかつて名誉館長を務めていた作家の井上靖さん、井上さんのお宅に伺った際におっしゃった奥様の言葉、訪れた日に降った北上の初雪、そしてその庭に舞う美しい雪の中飛来したアオサギの姿・・・。

これまでの様々な経験や記憶の幾つかがその場で偶然に重なり合い生み出されたような、そんなきらめくような時間だったそうです。



経験値が高くなると自分を根底からゆるがすような大きな旅は出来ないかもしれないけれど、自分が大切にした記憶や経験を、ある時間、空間で繰り出すことで意味のあるものに出来る。それは小さな旅ではありますが、経験や記憶が大きな財産となって自分の時間をきらめかせてくれる、そんな北上での旅について伺うことが出来ました。


これは経験があればこその旅であり、自分だけしか感じることの出来ない旅。
そんな心を輝かせてくれるような旅や経験が出来たらと思いました。
その為には、日々の小さなことを大切に、そしてその瞬間がやって来た時に気付けるような感性を持ち続けられる自分でいなければ、と思った印象深いお話でした。








posted by ヒロリン at 09:57| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。