2019年04月29日

意志こそチカラ

令和まであと少し。
少しでも清々しい気持ちで迎えたくて、これまでの書類などを整理していたら
登山家 田部井淳子さんのお話を伺った時のメモが出てきました。
平成の仕事の思い出の一つとして記したいと思います。


田部井さんといえば昭和50年(1975)世界最高峰エベレスト8848m(ネパール名:サガルマータ、中国名:チョモランマ)に女性として世界で初めて登頂に成功した方です。


昭和44年(1969)に『女子だけで海外遠征を』を合言葉に女子登攀クラブを設立し、目標に据えたのがエベレストでした。その後の準備期間の中で、まずは仲間を増やそうと上野や新宿などで見知らぬ女性達に「一緒にエベレストに登りましょう」と声をかけたそうです。
登山をしたことのある女性は皆「エベレストに登ってみたい!」「登れなくても近くで山を見てみたい!!」と言うのですが、その後に でも の二文字がついたそうです。「でも、技術がない」「でも、お金が無い」「でも、暇がない」・・・
そんな人たちが大多数だったとか。
その時にどうしたら行けるようになるのかを考えず、でも・・・と自分で行けない理由をつけて動かない様子を見て、本当にエベレストに行きたいのではないと感じたそうです。


何か問題が起こった時、失敗した時やピンチの時。
例えば山で料理をしたりするための大切なものの一つであるコンロが壊れた時、
「どうしてこのコンロにしたの?」
「このコンロを持ってきた○○さんが悪い」
挙句の果てには「これを作ったお店が悪い」と人のせいにしてしまう人も、本当に山に登りたいという意志のある人ではないし、「部品が無いから直せない」という人も・・・。
どうしたらコンロが使えるようになるのか打開策を考えられる人が本当に意志のある人だとおっしゃっていました。

世界最高峰のエベレストに登る、と聞くと一般的には体力、技術、財力、周りのサポートも時間も・・・と様々な条件が揃わないと無理と思ってしまいがちですが、田部井さんはご自分がエベレストに登れたのは体力や技術ではなく登りたい意志が強かったから、と話していました。
意志はお金で買えるものでもないし、両親、家族、友達、同僚など他の人が作ってくれるものでもない。自分の中から生み出していくもの。意志が何よりも大切で「意志こそチカラ」と熱っぽくおっしゃっていました。



お話を伺った当時の田部井さんは69歳。声に張りがありテンポ良い話し方で、お声を聞いているだけでエネルギーに満ちている方だと感じることができました。とてもスカッとした魅力的な女性でした。

令和を迎える前に、田部井さんの登山への情熱に改めて触れることができ、自分の姿勢を振り返りつつ、また新しい時代を生きていきたいと思いました。











posted by ヒロリン at 15:36| Comment(1) | 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりで〜す。「STG47(エスティージー・フォーティーセブン)〈ex.サーフィス娘。〉」で〜す。Date fm「パッセージ」では、本当にお世話になりました。

 さ〜て、今日(12/7)は弘子さんのお誕生日なんですよね〜。弘子さん、お誕生日おめでとうございま〜す。心よりお祝いします。これから1年、いいことがたくさんあるといいですね。思い出に残る、最高のお誕生日に、そしてこの日が弘子さんにとって、素晴らしい1日でありますように、ご健康でますますお仕事に活躍されますよう、お祈り申し上げます。そうそう、その日はフィギュアスケートの羽生結弦選手、香川照之さん、伊藤かずえさんもお誕生日ということで、まとめてHappy Birthday!!
Posted by STG47(エスティージー・フォーティーセブン) at 2019年12月07日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。