2019年12月31日

日本のシェークスピア

今年は近松門左衛門ゆかりの兵庫県尼崎市を訪ねました。

近松のお墓のある廣濟寺の隣りに近松公園が整備され、その中に近松記念館があります。


近松門左衛門は1653年承応2年、越前福井で武士の二男として生まれました。本名は杉森信盛(すぎもり のぶもり)
館内の展示品などを説明して下さったボランティアの方によれば、まるで早口言葉のような名前!

父親は近松の少年時代に浪人となり、一家は京都へ。青年時代に公家に仕え、ここで様々な事を学び芝居の世界へ入っていったそうです。

歌舞伎を離れて浄瑠璃の執筆に専念したのは53歳のこと。ここから20年の間に名作と言われるもののほとんどを書いたというから驚きです。



さすがに366年前に生まれた方なので、実際に使っていた品は少なかったのですが、例えば黒漆がすっかり剥げてしまった文机。当時はさぞかし立派だったことでしょう。それに幅の広い大きめの硯に、携帯筆記用具の矢立が展示してありました。
これを目にして、ようやく文学史に名を遺す歴史上の人物という遠い存在だった近松が、実際に生きていた人なのだと感じることが出来ました。



『大経師昔暦(だいきょうじむかしごよみ)』(おさん茂兵衛)の朗読会の前に、
NHK仙台放送局で番組を担当していた頃に大変お世話になり、退職後は歌舞伎ウォッチャー・作家として執筆活動をされている大原雄さんから、近松について伺うことが出来ました。それによりますと、


近松は、日本のシェークスピアです。

封建的な時代に生きながら、時代の中の近代性の萌芽を見つけて、人形浄瑠璃という、当時のテレビメディアをフルに使って、物語を書いた劇作家です。
江戸時代、歌舞伎や人形浄瑠璃は、テレビと同じ役割を果たしたメディアなんですね。

瓦版は、新聞ですが、ビジュアルなメディアは、歌舞伎や人形浄瑠璃しかなかった。

おさん茂兵衛は、不義密通ものですが、近松は、心中ものの第一人者です。

彼はジャーナリストで、事件記者で、プロデューサーです。



近松は浄瑠璃作家という認識でしたが、メディアのジャーナリストや事件記者という視点が面白く納得のいくものでした。


実際の大経師の妻おさんと手代茂兵衛の事件は、丹波の国に隠れていたところを捕らえられ、1683年9月22日、密通の罪で京の町中を引き回しの上磔の刑に処せられました。二人の仲立ちをした下女のたまも同日死罪になったとか。

その後1715年のお正月に、おさん茂兵衛の33回忌の追善興行として大阪竹本座で上演されたそうです。



『大経師昔暦』は、読んでみると現代に生きる私達にはわかりにくい文章ではありますが、暦を作り宮中におさめていた大経師の妻という立場からか、八十八夜、庚申、甲子、危日、滅日、黒日等々、数多くの暦に出てくる言葉が散りばめられています。このような形式で作品を作りあげた近松の言葉の感性は本当に素晴らしいと思いました。
声に出して読んでも聞いてみても、とてもリズムや調子が良く、日本語の心地良さを感じさせてくれるものでした。


香川京子さん、長谷川一夫さん主演で『近松物語』(1954)として映画化されています。原作とは少し違った演出もありますが、宜しければご覧になってみてはいかがでしょうか?








posted by ヒロリン at 11:28| Comment(0) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

取材の旅

今年の秋も昨年に続き電力ビル1階のアクアホールで「ふれあいコンサート」がありました。子ども達からお年寄りまで幅広い年代の方々にお越し頂いた朗読と音楽のコンサート。


今年は杉みき子さんの『小さな町の風景』を選びました。
「坂のある風景」「塔のある風景」「橋のある風景」「海のある風景」など8章に分かれ、それぞれに小品がおさめられています。全部で45編の物語集です。
今回は「商店のある風景」から3編を読みました。

どれも人の優しさ、思いやりを感じさせるもので、私たちが失いたくない温かな心が描かれています。



この朗読会を前に、作品の舞台になっている新潟県高田を訪れました。
ここは杉さんのふるさとでもあります。
当日は台風の影響で外に出ている人が少なかったせいもあるのですが、降り立った印象はまさにタイトルの通り小さな町、そして静かな町でした。


雪国ならではのタテにライトが並んだ信号や、歩道に屋根がついている雁木通りなどを、ゆっくり見ながら歩いていると、物語の主人公の少年や少女になったような気持ちになってきます。
お話に出てくる時計屋さん、帽子屋さん、くだもの屋さんはこんなガラス戸の入り口の店構えかな?などと想像しながら散策しました。

短い滞在ではありましたが、出会った土地の方々は皆さん親切で優しく、お米や海の幸の美味しさにも感激し、荒天を忘れてしまうほどでした。



ところで、朗読会の前にはいつも録音し読みの確認をしていますが、日を追って聞き返してみると、本番までの変化がよくわかり、それと共に自分の心の動きもわかるので、まるで声の日記のようで面白く感じられます。

高田から戻った日、早速あの町の様子を思い浮かべながら読んでみると、実際に町の空気を感じてきたせいか、その雰囲気が言葉の質感にだいぶ影響を与えていたようで、自分のことととは言え興味深く感じられました。



今は何でもネットで簡単に調べられ、とても便利な世の中になっています。その便利さを有難く受け入れつつも、足を運んで得たものはやはり確実なものがあり、それが作品に向き合う時の心のあり方にも影響を及ぼします。
出来る限り誠実な姿勢で物事に臨みたいと感じた取材の旅でした。










posted by ヒロリン at 09:46| Comment(2) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

クリスマスマーケット

昨年スタートし、大勢の皆様にご来場頂きました宮城学院のクリスマスマーケット。
2回目が間もなく開催されます。


タイトルは
『第2回宮城学院クリスマスマーケット 宮城学院で迎えるほんもののクリスマス』
2015年12月13日(日)12時半〜17時半、
会場は、仙台市青葉区桜ヶ丘にあります宮城学院です。


初回に続き、今回も朗読で参加させて頂きます。
講義館C203で、13時45分からの映画『素顔のルル』(2013年 ベルギー作品)上映に続き、15時15分頃から、10数分の心温まる短いお話を朗読します。


前回以上に内容が盛りだくさんで、
クリスマスにちなんだ手作り品やスイーツ、生花などが沢山集まったマルシェや、
チャリティ販売やフェアトレード商品などのマルシェ、

お絵かきや読み聞かせなどのキッズプログラム、

アートイベント・展示や、ワークショップ・コレクション。
生花で作るクリスマスのミニアレンジメントや、ヴェネツィアンビーズアクセサリー、
フランスの伝統工芸カルトナージュや手作りキャンドル、クリスマスクッキングと
時間があればぜひ参加したいものばかり。


音楽・ライブはソプラノとパイプオルガンによるクリスマスの調べをはじめ、
宮城学院の生徒、学生、音楽科研究生によるクリスマスコンサートも予定されています。


レクチャーも「冬をたのしむドイツのクリスマス〜北ドイツ編」
「キリスト教は日本に二度やってきた〜戦国時代と明治時代」
てつがくカフェ「贈り物をするってどういうこと?」と興味深いテーマでのお話を聞くチャンスです。



本場ヨーロッパのクリスマスマーケットが持っている、家族や友だちと分かち合うよろこびの時間のエッセンスを、文化、マーケット、ワークショップなど、たくさんの手作りプログラムを通してお届けします。


今度の日曜日、あなたの大切な方とぜひお出で下さい。












posted by ヒロリン at 08:43| Comment(1) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。