2015年08月31日

コミュニケーション

毎年司会させて頂いている仕事の中に、2人体制で手話通訳の方が入るものがあります。


ある程度の時間で交代しながら、式典の間、私の隣りで手話でお客様に内容を伝えています。そのような時は、スピードが速くなりすぎないよう、いつもより間をとりながらゆっくり話すよう心掛けています。

主催者、ご来賓の方々の挨拶など、その場で瞬時に手話で表現される様子を見て、いつも大変な技術だと思っていたのですが、今回新たな発見がありました。
手話を使われる方にとってはごく当たり前のことだと思うのですが・・・。



式典の後、懇親会の会場に移り歓談の時間になった時のことです。
場内はお客様のお喋りの声で賑やか、離れた距離の方と連絡を取り合うのは難しい状況でした。もちろん雰囲気を壊すような大声を出すことは出来ません。

司会中にスタッフの方とタイミングを確認する時などは、それこそアイコンタクトもありますが、手話通訳のお二人は、離れた場所から手話を使って情報を伝えあっていました。
きちんと会話が成り立っていたのです。

その時、「ああ、そうか。こういう時に私たちにも手話は多いに役立つのだ。」と気づかされました。




その数日後、身体障害者施設協議会の全国大会が仙台で行われ、その場で手話の話になった時のこと。あるスタッフの方は、もちろん手話が私たちにも大いに役立つと話していましたが、手話は手の動きだけでなく表情で伝える部分もとても多いので、その男性はそれがとても照れくさい、とも話していました。

悲しそうな表情や、嬉しそうな顔などで様々な気持ちを伝えるという手話。
何か特別なものと思っていましたが、日頃の私たちの会話と同じなのですね。




「話がうまい人」というと言葉の選び方や、話の組み立て方、内容の面白さや、言葉がはっきりしていて聞き取りやすいなどを思い浮かべますが、私たちは耳で聞くだけでなく目でも沢山の情報を得ています。話す方の雰囲気、表情の豊かさ、聞く人に訴えたい気持ちなどを、敏感にくみ取りながら話を聞いています。

言語だけではないコミュニケーションのあり方も、あらためて考えさせられた出来事でした。












posted by ヒロリン at 10:17| Comment(4) | 司会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

リフレッシュメント

先日映画「100回泣くこと」舞台挨拶の司会をさせて頂きました。

1日に県内4会場5回の舞台挨拶は、まさに分刻みのスケジュール。
1つのステージを終えると、すぐさま移動の車に乗り込み次の会場へ。
到着するとそのままお客様の待つステージ袖に行き、GOサインが出たところでステージへ立ち司会。終わると、またすぐ待機している車に乗り込み次の会場へ向かう、という繰り返し。休日の渋滞にも見舞われ「本番に間に合いますように」と願いつつ、時計を何度も何度も見ながら過ごした一日でした。

私にとっては目まぐるしい時間だったのですが、主演の大倉忠義さんはお客様の前で「今日は昼食もしっかりとれてゆったりした気分で過ごせています」というような事を仰っていたので驚きました。忙しさの次元が全く違う。いつもはもっともっとタイトなスケジュールでお仕事をなさっているのでしょうね。



気忙しいといえば、小学生から高校生の子供達が出場して行われるとある音楽のコンクールの司会の時も、午前から夕方まで15分ほどの休憩を何度か挟みながら行っていくのですが、「15分の休憩」と言っても司会者に許されるのは実質7分くらいでしょうか?

なぜならばコンサートやお芝居などを思い出して頂くと、こんなご案内を聞いたことがあると思います。開演5分前には「間もなく開演です。ロビーにおいでのお客様は、お席にお戻り下さい」というようなカゲアナ 舞台袖でナレーションを入れなければなりません。

つまり、少なくとも開演6分前にはスタンバイしている必要があります。
休憩のお知らせをし、舞台袖に下がってから、楽屋に戻り、またカゲアナのために早めに舞台袖に戻る移動時間などを考えると、最大で7分がよいところ。
その間にお昼のお弁当を頂いたり、お化粧直しをしたり等々あるので、あっという間に時間が過ぎていきます。お弁当も1度の休憩では食べきれず、2,3回に分けて頂くこともあります。



今日は舞台裏をお話していますが、こんな時に私たちスタッフの心を癒してくれるのは、
小さな小さなお菓子たちです。
一口サイズのチョコレートやクッキーなどを口に入れると、驚くほどの気分転換になり、疲れがとれる気がします。

海外へ行く飛行機の中のメニューに「REFRESHMENT(リフレッシュメント)」 軽食などのちょっとしたものが書かれていたのを見たときには、その言葉がピンとこなかったのですが、仕事を通して実感できました。

日常口さみしい時に何となく食べている茶菓と同じものでも、仕事で必死な時に頂くちょっとしたものは、一粒で気持ちの切り替えをしてくれます。
「REFRESHMENT 元気を回復させるもの」
同じ一口の茶菓でも、味わったときの印象がこんなに違うとは、人の感覚はかなり状況に左右されるものなんですね。


そんな経験を通して、いつもバッグの中にはキャンディーやチョコレートなど一口サイズのお菓子などを持ち歩くようになりました。
これも良いお仕事をする為の準備です♪




posted by ヒロリン at 23:29| Comment(4) | 司会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

映画「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」

今月2日(土)から公開されている映画「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」

益田ミリさんの人気四コマ漫画が原作で、仕事や恋、将来に悩む女性たちを等身大に描いている「すーちゃん」シリーズを映画化したものです。
すーちゃん役を柴崎コウさん、まいちゃんを真木よう子さん、さわ子さんを寺島しのぶさんが演じていて、3人は30代の仕事を持つ独身女性、10年来の友人という設定です。

公開に先立って、先月MOVIX仙台で御法川修監督、主演の柴崎コウさんをお迎えして、先行上映舞台挨拶がありました。


3人は親友と呼べる間柄ですが、悩みや不安の全てを打ち明けることはしません。
お互いに悩みを持っているのは感じながらも、無理に聞き出すこともせず、相手を尊重しながら温かく見守っている、そんな良い距離感を持った友人です。

悩みがあるときに、話を聴いてもらって心が軽くなったり、選ぶべき道が見つかることもありますが、問題を真正面から受けとめて、苦しくても自分の中で良く考えながら道を探す、そんなすーちゃんの生き方は、自分の人生に誠実で心のこもった丁寧な生き方だと思いました。
楽しいことや嬉しいことだけを味わうのが人生ではなく、時に厳しい現実が立ちはだかっても逃げないで、ちょこっとの幸せを糧に前向きに生きていく、そんなことを気付かせてくれ、友人っていいな、人生は素晴らしいな、と気付かせてくれる作品でした。


御法川監督は「すーちゃん、まいちゃん、さわ子さんは特別な女性ではなく、この街のどこかで自分と同じように日々を営んでいるのだと想像してほしい。
人間ひとりの小ささを、その小ささのまま慈しむ眼差しが、自分自身の足もとをきっと照らしてくれると思う」というようなお話を聞かせて下さいました。


自分の人生ってありふれていて、ごく普通・・・。
そんなふうに思っていても、この作品を見ると、普通に見えても実はなかなか奥深いものがあるのかも!そんな気持ちにさせてくれると思います。

映画の中で、すーちゃんとさわ子さんのおばあちゃんのシーンがあるのですが、私はそこが好きな場面。
女性の皆さんはご覧になったら共感できるところが、沢山あると思います。
男性の皆さんは、女性はこんなことを考えたり、悩んだりしているのかと、何か新たな発見があるかもしれません。
ぜひご覧になってみて下さいね。


すーちゃんの生き方は、とても素敵です!





posted by ヒロリン at 19:05| Comment(4) | 司会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。