2017年10月15日

[ 「雪国」のヒロイン

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」
川端康成『雪国』より

誰もが知っているこの有名な書き出しで始まる『雪国』の舞台を訪ねてきました。

この作品は川端康成が昭和9年から12年にかけて越後湯沢の小高い丘に建つ高半という宿に滞在し執筆したそうです。館内にはその当時の様子がしのばれる「かすみの間」や、作家ゆかりの品々を集めた展示室があり、『雪国』の世界に思いをはせることが出来ました。


特に印象に残ったのが、新潟を訪ねた西洋舞踊研究家の島村と心を通わせるヒロイン駒子についての資料です。
凛とした雰囲気を漂わせた美しい女性、その方が川端康成の滞在していた当時、湯沢で温泉芸者をしていた小高キクさん。駒子のモデルになった方で「松栄(まつえ)」という名でお座敷に出ていたそうです。

キクさんは大正4年、新潟県生まれ。昭和3年に芸者となり、昭和9年の夏に湯沢で川端と出会いました。

昭和15年に芸者をやめ、その2年後に結婚なさったそうです。

川端とのことをあまり語ることは無かったそうですが、夫の久雄氏は「私には全部話してくれました。小説とはいえ、あれは殆ど実際の話」と話していたそうです。


小説を読んだ時、しっかり者で少し気性が激しい女性という印象を受けましたが、今回の旅で資料を読み、宿の方のお話を伺っているうちに、芯の強い情熱的な方だったのでは?とイメージが変化しました。

作品発表後、自分が小説のモデルになっていると周りから聞かされた時、相当癪に障ったようで、川端は詫び状と第一回の生原稿を送りましたが、それらは芸者をやめる時に、付けていた日記と共に全部焼き捨ててしまったとか。

潔癖なお人柄が感じられるエピソードですね。

少し気性が激しいように感じたのは、駒子の話し方によるものが大きいのかと思っていましたが、その謎は宿の先代の弟さん 高橋有恒さんが書かれた 「雪国」のモデル考 で解けました。

松栄が話していた越後弁について
「言葉の中に「はい」「いいえ」にかわる応答がなく、直接云わんとする所が出てしまうのである。この直接的な会話は、小説の中では無駄がなく美しいが、映画や舞台に役者たちが演じるときは、実に激しい語勢となり、駒子がきつい印象になってくるのである。」

それに、駒子は島村を「あんた」と呼んでいますが、実際に声に出してみると、とても強い音できつく聞こえます。この言い方も当時は当たり前に話されていたのかもしれませんが、現在はあまり使われていないように感じます。

高橋さんによれば、「雪国」の全篇を通じて、島村と駒子との会話は、松栄とのイキイキとした会話をそのままとり入れていたようです。


新しい生活を始める時には、それまでのことを全て清算し臨んでいたキクさんは、川端康成について多くを語らず、川端との対談の企画など全て断っていたそうです。
が、川端が亡くなる直前、この時だけは承知したそうです。結局実現しませんでしたが、もし、二人が会っていたらどんな話をしたのでしょうか?聞いてみたいような、二人だけの秘密にしておいてもらいたいような、そんな気分で越後湯沢を後にしました。

物語の世界のヒロインが、今回の旅で急にリアリティを持って感じられるようになりました。
またあらためて読み返したら、きっと何か新しい印象や発見に出合えるような気がします。










posted by ヒロリン at 16:39| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

Your day will change the world

3月11日の朝、キッチンでホトトギスの鳴き声を聞きました。
春を運んでくれる澄んだ鳴き声、きっとご近所の庭に来ていたのでしょう。
まだまだ寒いと思っていたけれど、季節は巡っています。

その日は東日本大震災から6年。テレビや新聞などでは特集が組まれ、当時の映像、画像が大量に流されていました。映像のチカラは大きいものですね。あっという間に引き戻され、当時感じた様々な気持ちを思い出しながら過ごしていました。
テレビの中の誰かが、「あの時は人との絆を感じていた。これを忘れてはいけない」と話していました。

見ず知らずの方とも声をかけあい、支え合い、感謝の気持ちが溢れていました。
一人ひとりのチカラ、マンパワーの力強さも、感じることが出来ました。

あれから6年、まだまだ復興道半ばの地域もありますが、有難いことにほぼ日常が戻ってくると、いつの間にか何でも当たり前になってきてしまいます・・・。



昨年末に出合った絵本『あなたの一日が世界を変える 今日が輝く「10の問いかけ」』
この本に書かれているのは、児童文学作家のくすのきしげのりさんが、20代の小学校教員だったころから考え、機会あるごとに伝えてきたメッセージだそうです。


くすのきさんはある時、突然の病に倒れ、闘病生活の中で、悲しんだり恐れたりすることは生きているからこそできるということ、そして周りの方々から愛され支えられ、生かされている自分という大切なことに気付いたそうです。

そんな自分が、家族や社会さらには世界のためにできることは、何か?を考えた時に、私たち一人ひとりの一日が世界を変えるということ、今日という日をたいせつに過ごすことや、素直な心でよりよく生きること、そして人生の意味をあらためて自分自身に問いかけたそうです。


今日が輝く10の問いかけには
・あなたは、今、笑顔ですか?
・あなたにとって、たいせつな人はだれですか?
・あなたが、たいせつな人のためにできることは何ですか?
・あなたが、他の人や社会のためにできることは何ですか?
・あなたは、どんな人になりたいのですか?

などがあります。


一日笑顔でいるだけでも、周りの人達の気持ちを柔らかくし、笑顔の人を増やすことが出来、ちょっとしたイライラなどを笑い飛ばすことが出来る、そんな効果があるように思います。
笑顔を向けられた人は笑顔で返してくれますし、何より自分自身も温かく穏やかで、楽しい気持ちになっていきます。

絵を担当している古山拓さんの優しいトーンの絵も、眺めているだけでほんわかした気分にさせてくれます。

この絵本は世界で一番貧しい大統領として知られている、ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領も推薦されていて、日本語でも英語でも読むことが出来ます。

『Your day will change the world あなたの一日が世界を変える 今日が輝く「10の問いかけ」』(PHP研究所)



今日が輝く「10の問いかけ」は、毎日、自分自身に問いかけたほうが良いのでしょうが、
絵本は、3月11日、記念日、誕生日、クリスマス、新年などなど、自分と大切な方々、平和な世界を思いながら過ごしたい時にぴったりの一冊だと思います。









posted by ヒロリン at 10:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

発想の転換

5月は風が心地よく爽やかな季節。
毎年大掃除したくなるのですが、やる気アップの為に整理整頓の本を読むこともあります。


今年は枡野俊明(ますの・しゅんみょう)さんの『片づける 禅の作法』(河出文庫)



掃除とは、「心を磨く」こと
汚れたから掃除をするのではありません。「自分の心を磨くため」に掃除をしているのです。



という言葉に感じ入りながら読み進めていると、お守りについて見方が180度も変わる
言葉がありました。

毎年、初詣にはお守りを頂き、旅先で訪れた神社仏閣でも、その時の自分に必要だと思うご利益を期待してお守りを選んでいます。そして、出来れば効きそうなお守りが欲しいと思っていましたが・・・



「効く、効かないではないのですよ。お守りは、このお寺のご本尊様の分身です。
あなたがご本尊様を預かり、お守りするのだと思って大切にしてください。
大事なご本尊様をどうやって守ろうかと考えると、自然に無鉄砲な行動はしなくなるでしょう?そのことによって、あなた自身も守られるのです」



お守りを持つことで一方的に守ってもらおうとか、ご利益を頂こうと考えていた自分が少々浅ましいような気がして恥ずかしくなりました。
自分がお守りしようと、思慮深く行動出来るようになることがご利益だったのです!
そして、どんな人の中にもそれだけの力があるのだそうです。
枡野さんは「仏性」(ぶっしょう)という言葉で、私たちの中にあるその力を表現されていました。


まもなく2016年上半期最後の6月が始まります。
今年の初め、どんな気持ちでお守りを頂いてきたかを思い出しつつ、また新たな気持ちで新しい月を迎えたいものです。











posted by ヒロリン at 10:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。